セミナー&イベント

セミナー 料理

【日本料理編】第2回 横浜ガストロノミ協議会シェフによるオンライン料理セミナー 2021.08.04

横浜ガストロノミ協議会 × 東京ガス コラボ企画

~ かながわ食材の魅力や地産地消の取組を紹介 ~
かながわ野菜でうなぎ三昧」炊き立てご飯と共に

創業79年の名店「日本料理 梅林」の店主 山下 英児 料理長による看板料理である、うなぎ料理のバリエーションを「かながわ野菜」を用いて実演。美味しさの秘訣を伝授いただきます。


鰻の柳川仕立て.JPG鰻の柳川仕立て


 横浜を愛する「食」のプロフェッショナル組織「横浜ガストロノミ協議会」とのコラボセミナーを5月に続き開催いたします。
暑い夏に食べたくなるものといえば「うなぎ」という方も多いのではないでしょうか。
今回、創業79年の横浜・関内の名店「日本料理 梅林」の三代目店主 山下英児料理長を講師に迎え、看板料理であるうなぎ料理のバリエーションを「かながわ野菜」を用いて披露いただきます。さらに、市販品の鰻を用いて専門店の味に近づける技についても教えていただきます。「日本料理 梅林」では鰻の焼き上がりに合わせてご飯を炊き、お客さまに最高の状態で提供しています。その美味しいご飯の炊き方の秘訣も伝授いただきます。

 大好評だった前回に続き、今回も、横浜ガストロノミ協議会理事長、「クラブ アトラス」メンバーシェフでもある飯笹シェフ(「シェ・フルール横浜」料理長)にナビゲーターを務めていただきます。神奈川県産の食材情報や明日からでも活用できる新たな技術や食材の情報をお届けします。
皆さまのご参加をお待ちしております。

うなぎ大和蒸し.JPG

うなぎの大和蒸し

うなぎ燻製 土佐酢ジュレ和え.JPG

うなぎの燻製 土佐酢ジュレかけ

(編集済)炊き立てご飯と共に.jpg

実演メニューのラインナップ
うなぎの焼き上がりに合わせて炊きあげられるご飯にもこだわりが。今回はかながわの注目のお米をご紹介いたします

NPO法人 横浜ガストロノミ協議会とは?
横浜を愛するシェフやパティシエ、ソムリエ、バーテンダーなどのプロフェッショナルが集まり、横浜を「世界に通用するグルメ都市」にするを合言葉に、「豊かな食文化を育んできた街・横浜」をアピールし、子どもや大人の食育活動、次世代の食の担い手の育成活動、地場産業の活性化に「地産地消」を伝える活動、災害被災地やアフリカなど食糧危機国への支援活動などを行い、横浜の食文化の振興、それに伴う横浜の発展に寄与することを目的に活動する組織。
https://www.yokohamagastronome.com/

2019集合写真 肩組 上下カットトリミング5.92MB.png


■ 講師紹介 ■
山下英児.jpg
山下 英児 氏
日本料理 梅林」三代目店主 料理長
 横浜ガストロノミ協議会 副理事長兼専務理事

■ ナビゲーター ■

飯笹シェフ.jpg

飯笹 光男 氏
シェ・フルール横濱 総料理長、オーナーシェフ
横浜ガストロミ協議会 理事長

■ 開催概要 ■
日 時 2021年 8月 4日 (水)
開催時間 15時~16時30分
「ZOOM」での受付開始:14時30分
会 場 ご自宅・職場等の場所で、音の出るパソコン、タブレット、スマートフォンよりご参加いただけます。
※スマートフォン、タブレットで視聴の際は、「Zoom」アプリ(無料)のダウンロードをお願いします。  
※インターネット環境が必要となります。
内 容 オンライン料理セミナー(視聴形式)
神奈川県の食材を使って「かながわ野菜でうなぎ三昧」横浜ガストロノミ協議会 副理事 山下料理長
献立
・うなぎの柳川仕立て
・うなぎの燻製土佐酢ジュレ和え
・うなぎの大和蒸し 
・土鍋ご飯
神奈川県の食材「地産地消への取り組み」横浜ガストロノミ協議会 理事長 飯笹シェフ
スケジュール ・東京ガスあいさつ
・横浜ガストロノミ協議会あいさつ
・オンライン調理デモンストレーション「かながわ野菜でうなぎ三昧」
・神奈川県の食材「地産地消の取り組み」
・質疑応答(チャット機能にて)
・シェフ店舗紹介
講 師

講師:山下 英児 氏
<プロフィール>
梅林 三代目 店主 料理長
横浜ガストロノミ協議会 副理事長兼専務理事 

1970年7月20日 横浜生まれ
昭和17年創業の老舗日本料理店「梅林」の長男として生まれ、子どものころから調理の下処理
魚河岸への仕入れ、下足番などの料理屋の手伝いを経験しながら育つ。
明治大学卒業後1992年より東京人形町「吉星」で3年間修行を積む。
1995年「梅林」へ戻り、1998年三代目として店主を引き継ぐ。
2019年横浜市から優れた技能職者として「横浜マイスター」に選定される。

ナビゲーター:飯笹 光男 氏
<プロフィール>
シェ・フルール横濱 総料理長、オーナーシェフ
横浜ガストロミ協議会 理事長

辻調理師専門学校を卒業後、横浜元町・老舗フランス料理店「霧笛楼」で10年修行。
その後、藤沢・フランス料理の名店「名古屋」、横浜東口「メイフェアハウス」料理長を経て、1996年11月「エルミタージュ」をオープン。
10年間料理長を務めた後に独立。「シェ・フルール横濱」をオープン。
映画「南極料理人」の料理監修のほか、次世代への技術指導やフランス料理を継承するシェフの会「クラブ アトラス」メンバーとしても活躍している。

対 象 ・東京ガスの電気またはガスの供給エリア内で業務用厨房に携わる方
・フランス料理文化センター「アミティエ・グルマンド」会員
※東京ガスのエネルギーやサービスをご案内させていただく場合があります。
参 加 費 無料
定 員 50名(定員を超えた場合は抽選とさせていただく場合がございます。)
主 催 東京ガス(株)
企画:東京ガス業務用テストキッチン「厨BO!YOKOHAMA」内 フランス料理文化センター 
お申込み・お問い合わせ

厨BO!YOKOHAMA フランス料理文化センター セミナー事務局
電話番号:045-253-5869

<お申込み方法>

下の【 お申込み 】ボタンからお申込みをお願いいたします。
お申込みが確定しましたら、参加用URLや視聴方法の詳しいご案内をお送りいたします。

東京ガス
最適厨房ONLINE - 業務用厨房 総合サイト
東京ガス : 厨BO!YOKOHAMA(チューボ 横浜)